神奈川周辺で霊園を購入する際に事前に確認しておきたい事

最近では、霊園においても様々な種類が出てきました。どのような霊園を選ぶかということは、故人への想いを示すということはもちろんですが、現在の私たちが実際に足を運び故人を偲ぶことができるような環境であるか、維持するための価格はどれくらいなのかなど様々な面で、非常に重要になってきます。特に都心に近い神奈川県周辺では、様々な形態の霊園が出てきています。どのような霊園を購入するか、事前にどういった目的・ポイントを持って霊園を選ぶか考えておきましょう。様々な目的・ポイントを多角的に見て、何を一番大切にしたいかなども考えて選びたいものです。ここ近年で、インターネット環境も整っており、霊園のホームページなども詳しくかかれてあります。事前にホームページを確認して自分たちの意思に合ったところを絞ってから、見に行くのも一つかと思います。

最新の霊園が力を入れている特徴とは

終活という言葉も流行っており、人々の中で終活への関心がどんどん高まるようになってきています。神奈川でも関心に合わせ、様々な霊園が出始めているのも特徴です。いくつか最新の霊園を紹介していきます。まず、これまでのお墓参りを一新した、生花を用意し、線香を持ち、桶に水を汲んで準備をするということがなくなった、自動搬送式の大規模納骨堂が挙げられます。これは、都心で非常に多くなってきています。納骨を納めた納骨箱は、普段収蔵庫で保管・管理されており、参拝者がタッチパネルで操作したり、専用のICカードをかざしたりすること、参拝プースまで自動的に運ばれるというものです。収蔵庫に保管でき、非常にたくさんの納骨箱を収容できるようになっています。また、自動搬送式とは別で、ロッカー式や棚型、仏壇式など、室内に納骨堂があり個室になっている、ブースで区切られたものもあります。

神奈川エリアでの霊園の特徴とは

神奈川での霊園の特徴をいくつか挙げていきます。まず、都心であるという利点を生かした駅から歩いていける霊園です。これは、利便性が非常に高く現代人の忙しい毎日の中でも気軽に霊園に行くことができるということで、人気の霊園になっています。また、利便性という意味で駅前などに納骨堂として屋内霊園が出てきています。これは、自動搬送システムを利用して、天候に左右されることなく365日お参りすることができるというスマートさから特に若い世代からの支持がありますが、少し価格が張るところから低いものまで様々です。さらに、土地柄的に富士山が望める美しい景観の霊園があります。これは、大自然を感じ、富士山の見える澄んだ景色を故人のためにという意味でも多く見られる霊園になっています。他にも、大自然に触れたり、素晴らしい花園が広がっていたりするような霊園も多く見られます。