神奈川周辺で霊園を探す際の注意点

神奈川周辺には多くの霊園があり、大きくは宗教法人や公営法人が運営する民営霊園と、市町村などの自治体が運営する公営霊園の2つに分けられます。どちらも寺院墓地に比べると、宗教を問わない所が多く、費用も低く抑えられるので利用される方が多いです。民営と公営では特徴が異なりますが、さらに横浜市内の都市部に位置するか、郊外かなどでも違うメリットが見えてきます。それぞれのメリットを知ることなく霊園を決めてしまうと、後々後悔することになりかねませんので注意が必要です。メリットを理解した上で、ご家族やご自身が霊園に対してどういった希望を持っているのか、またその内の何を優先すべきなのかを熟考してみて下さい。そうすることでご自身はもちろん、ご家族の皆様が満足する霊園がきっと見つかります。

民営と公営の特徴とその注意点について

民営霊園と公営霊園では、それぞれに違いがあります。まず民営霊園は公営霊園に比べると価格が高い場合がありますが、区画面積や墓石のデザインを自由に決めやすいです。また、最寄り駅までの送迎サービスや駐車場、休憩スペースなどの施設が充実している点もメリットです。経営する法人によって、利用規約やサービスが違うので、ご自身の希望に沿わないルールがないか等は注意して確認する必要があります。一方で公営は一般的に民営よりも低価格なのがメリットですが、区画面積や墓石のデザインは制限されることがあります。また、神奈川の公営霊園はすでに満杯のところが多く、空きが出ると抽選で契約者を決める場合が多いです。競争率が高く、いつ空きが出るかも明確ではないので、生前購入は厳しいです。もし公営を希望されるようであれば、申し込みや公募のタイミングに注意が必要です。

都市型か郊外型でエリアを絞ります

神奈川での霊園選びの条件として、立地も欠かせないものです。まず横浜市周辺にある都市型霊園と、それ以外の霊園を比較した場合、2倍ほど価格が上がります。ただ都市型では元々の土地が限られている分、契約する総区画が郊外型に比べると小さい為、総区画でみた価格はそこまで差が開かない場合もあります。また都市型は交通の便が優れているので、お参りする場合には便利で人気がありますが、一方で自然を重視される場合には、湘南や鎌倉周辺の郊外型も人気です。特にお参りのしやすさを重視される場合は都市型、お参りに少し時間がかかってもいいので海や自然が見える場所でと考えられる場合は郊外型が相応しいです。お墓に望まれるものは人それぞれですので、お参りされるご家族とよく話し合って、じっくり決められることをお勧めします。